鈑金塗装後の磨き&コーティング部分施工

毎日暑い日が続きますが、皆さんも体調管理には充分気をつけ
この夏を乗り切っていきましょう!!

さて、当店も定番となっています黒いお車限定の
鈑金塗装後の仕上げ磨き。
この仕上げ磨きもさまざまで、問題なく通常の研磨で終わる場合と、
簡単には、終わらない重度の場合とあります。
では、なぜこんなにも違いが出るのかと言いますと、
基本的に塗装後は肌調整のために磨きが必要ですが、
塗装のうまさや、環境によって仕上がりが大きく変わります。
例えば、しっかりとしたブースなどがあり塗装も上手ければ
仕上げの肌調整の研磨も無理なく出来ますが、
ブースもなく塗装も上手くなければ、たくさんのごみかみによって、
物取りも大量にやったり、塗装波が荒ければ再度、ペーパーで研ぐケースもあります。
後者の例でいくと磨きでペーパー目を消そうとひたすら頑張った結果、
たくさんのバフ目をいれてしまい、塗装したばかりなのに
くすんだボディになってしまいます。
さらに、磨くときに使うバフですがキズが入ってもおかしくないほどの
汚いバフで磨くためよけいに深い傷をいれてしまうケースも多々あります。
話が長くなりましたが、ここからが本題です。
まずは、前者の例。
ホンダ NBOX
事故により保険での対応です。
昨年、新車購入と同時にコーティングを施工させていただきましたので、
修理個所全てのコーティング部分施工です。
塗装は、昔からお付き合いのある信頼おける提携先で実施しました。
IMG_0512 IMG_0513

塗装の仕上がりも良く、ほとんど違和感ありません。
しかし、バフ目が若干あります。この程度であれば通常の2工程研磨で
バッチリ消せます。
特殊研磨だから、2工程ですが昔なら最低、3工程は必要でした。
研磨後
IMG_0518

IMG_0517

 

IMG_0521 IMG_0520

 

研磨後、再コーティングして
無事に予定通り、お引き渡し完了です。
これが、前者の良い例です。
続いて、後者の例です。
トヨタ プリウス
自動車販売業者様からのご依頼で、
全体的に塗装されたとのことですが、キズが酷くボディがくすんで
いるからどうにかしてほしいとのことです。
確認してみると、、、↓
IMG_0507

ツメにかかるほどの酷い傷が全体に入っていました((+_+))
完全修復は出来ない旨をご説明し、ご予算内での対応となりました。
IMG_0508

ピラーは特に塗装があまりのってないので無理せず2工程で仕上げ
残ったキズはあきらめます。最悪な事態を考えると仕方ありません((+_+))

IMG_0509

なんとか全体的に本来の状態が復活しました。
これでも、ところどころキズが残っていますが、凝視しなければ
目立たないレベルかと思います。
さて、これが後者の例ですが、推測結果は、
1、ブース無
2、塗装がうまくない
3、パーツ脱着なしでの塗装で仕上がり悪い
4、コンパウンドのかたまりだらけの汚いバフ使用
5、ブツ取りだらけでペーパー目多し
このような仕上がりのお車は非常に仕上げ磨きに体力を使います。
これで、皆さんもうお分かりかと思いますが、
私たちの様な磨き専門でやっているお店選びも重要ですが、
鈑金塗装専門店を選ぶ時も非常に重要だということです。
以上を参考にしていただければ幸いです。
それでは。。。