ヘッドライトの黄ばみは美観を損なう!

最近よく見かける「ヘッドライト黄ばみ取ります」と、いうフレーズ!
専門店~スタンドまで幅広く現在では施工しています。
しかし、まだまだ簡易な施工をやっているお店もたくさんあります。
根本的に黄ばみは、深く浸透しているので簡単に落とせないのが現状です。
これを理解しないで安易に施工すると、すぐに元の黄ばみが現れます。
施工したお金が捨て金にならないようにお店選びは慎重に!!

さて、今回のヘッドライトリペアは
ホンダ モビリオ様
IMG_0073

黄ばみ&くすみでヘッドライトの美観が損なわれています。

IMG_0074

 

特殊な溶剤で表面の黄ばみを分解するとかなり黄ばんでいたことが分かります!!
この黄ばみの元を取り除いていきます。

IMG_0075

 

取り除いたのがこちら。
ただ、削れば良いというものではなくヘッドライトの状態によっても
施工方法を変える必要があります。(これが重要)
さらに、最終確認。
IMG_0076

大丈夫みたいです。
そして、この後の磨きも重要です。完全水性コンパウンドで磨き上げ、
ヘッドライト専用(ヘッドライトだけの為に開発)のコーティング剤を
塗りこんでいきます。
※安易な施工をやっているお店は、
1、黄ばみが根本的に除去できていない。
2、仕上げ磨きが油分だらけのコンパウンド使用(簡単には脱脂できません)
3、ボディ用のコート剤を使用
などがあげられます。これでは本来の仕上がり&耐久性は得られません。
何度も言いますが、お店選びは慎重に!

【施工後】
IMG_0077 IMG_0078 IMG_0079

透き通る仕上がりです!!
「ここまでなるとは思わなかった。新品みたい」と、喜んでいただきました。
ご依頼ありがとうございました。

※全てのヘッドライトが復元するわけではありません。
状態によっては施工をお断りする場合もありますので、まずはご来店いただき
状態を確認させていただきます。

良いところばかりではなく、マイナスな面もしっかりとアドバイスさせていただきますので気になる方はまず、お気軽にご来店ください。
それでは。。。